>

季節アイテムは良いように見えて

センスが問われるものは避けるべき

例えば寒い季節が近づいているからと、景品に湯たんぽや電気毛布などを考えているというのなら、注意しましょう。
湯たんぽの材質はどのようなものでしょうか。
また電気毛布となれば、その毛布にはガラや色の選択が必要になるでしょう。
どのような柄や色のものを選択するべきか。
これは受け取った側からすれば重要なポイントです。
何気なく日常に取り入れるアイテムならば、よりそのセンスは注目されます。
家で使うだけであっても同じです。
その中で、意図せずセンスのない柄の商品が渡されるとなれば、受け取った側は良い気がしません。
せっかく渡したのに喜ばれないどころか、良い気すらしないとなれば景品選び自体意味を成さなくなってしまいます。
センスが問われる景品はなるべく避けたほうが良いでしょう。

ひと工夫を考慮して

景品選びでは、もらって嬉しいだろうというだけでは足りません。
もらった側が、その景品を商品価値のあるものと感じてくれることが大切です。
センスを感じるかどうか、使い勝手が良いかどうかはその商品価値として、品物の力量を見極める一つの秤のようなものということ。
つまり景品選びでそのセンスが試されているのです。
避けるべき景品とは、景品を選ぶ側が安直にこれだと使うかもしれない、いま巷で流行っているから等と、簡単な発想で選んでしまうことを指します。
喜ばれる景品選びの際のポイントは、例えば使うかどうかが不明なら避けるべきですし、また色や形で悩むならひと工夫して、色や形を受取側が選択できるように配慮するといったことも考えたほうが良さそうです。


この記事をシェアする