景品選びで避けたほうがいいものはある?

喜ばれる景品選びのために

流行りに乗って選んだ景品

パーティや慰労会、またゲームなどに合わせて景品を準備する。
そんなときにはどんな景品を選ぶか、それが悩みどころです。
例えば、会の雰囲気、パーティの年齢層に合わせた景品を選ぶ、また今流行っている商品を景品に入れる等、考えるところは様々に増えるものです。
この景品選びには、ちょっとした配慮が必要です。
配慮を忘れておざなりに選んでしまうと、喜ばれない景品になるだけでなく、その後数年たってもその景品の話を持ち出され、良い思い出にならない事態になるかもしれません。
景品選びをトラウマにしないためには、避けるべきポイントを押さえて景品選びをすることが大切です。
逆にいえば、避けるべきポイントさえ押さえておけば、どんなモノを景品にしても喜ばれる確率が上がるともいえます。
景品選びを楽しむにも、このポイントに配慮すること、トラウマどころか景品選びの達人にもなり得るのです。
では具体的にどのようなものは景品選びで避けるべきかといえば、何より一番はもらった人のことを考えることです。
これでいいか、こんなものでいいか、景品選びを考えると面倒になり、ついついそんな風におざなりになりがちです。
そんな気持ちを拭い去り、もらった人がどう感じるか、そこにポイントを合わせることが大切です。
それも自分の主眼だけでなく、客観的な目線で考えましょう。
自分だけで選んでしまうと、自分だけのセンスに偏りがちですから、失敗も自分だけに集中してしまいます。
一人で選ぶ場合でも、色や素材などは事前に助言を求めることができます。
また、その他にも押さえるべきポイントがあります。
こちらについて、さらに詳しく見ていきましょう。